チームともだちがを立ち上げると決心した瞬間

0

    今までボランティアなどほとんどやったことがなかった人間が、なぜ復興支援活動をはじめたのか?
    きっかけを再度思い起こそうと、昨年の3月11日〜13日のメールを抜き出してみた。

    -----
    2011.3.11 16時02分
    (株)下請の底力の仲間と、うちの会社のメンバーに安否確認のMLを送る。

    ●みんな、地震の影響はありませんか?
    このメールみたら、念のため返信ください
    ガッキーの家は古民家のようだけど大丈夫だったか?
    from Y.TONOUCHI

    ●Iです。
    市役所内も、棚が倒れたり、壁が抜けたりと大変な状況です。
    ドコモの携帯は通じませんし、連絡が取れない先がたくさんあります。

    ●ハビロです!
    うちは大丈夫でしたが  社員のうちが 色々倒れたようです。  
    みなさん大丈夫ですか?   恐ろしいです。

    ●携帯は通じないですね!!
    桐生本社は大丈夫です。今坂

    ●松平一家やっと落ち着いてきました
    みなさん大丈夫ですか?
    ソフトバンク使えました。

    ●大丈夫です!
    前の家の壁が崩れましたが、高垣宅は問題なし!><
    余震が続いているのでその都度避難しています!
    ありがとうございます!
    高垣

    ●ごんです。
    まだ余震がありますね。 みなさん、気をつけてください。
    裏の家の瓦がおちて、うちはコップや物が割れたくらいです。

    ●ガッキーの家が一番心配してたけど、無事でよかった。
    ただ、梅の工場がめちゃくちゃらしいので、落ち着いたらどなたか状況を聞いてみてください

    ●ガッキー一安心しました。今坂

    ●皆さん
    関先生が関西大震災と中越沖地震の中小製造業の教訓として、レポートをしていた内容です。
    両毛ものづくりネットワークの皆さんで共有して下さい。
    ハビさん、梅さん、小林さん、お願いします。
    1、工作機械のレベル/水平を取る(できる限り早く手を打たないと、大手メーカーに機械屋の人員を取られて操業に遅れがでます。阪神では一ヶ月程こなかった事もあると。)
    2、水を確保する
    3、製造業ネットワークを確認する
    です。まず、これです。
    阪神では中小企業の生活がめちゃくちゃになりました。
    思考停止せずに、一つずつ通常操業にむけて体制を整えて下さい!
    高垣

    ●皆さん
    小林です。
    私は、前橋でジェトロのセミナー中に地震が起きて、屋根の一部が落ちセミナーが中止になりました。
    また、帰る途中に色々な場所で、水道管が破裂して、道路に水があふれていたり、信号が止まって、車が渋滞でした。
    やっと帰ってきて、確認しましたが、機械も無事でした。
    ガッキー、レベル出しをしなくても大丈夫です。
    皆さんもまだ、気を付けて。

    ●ありがとう!ガッキー。梅澤

    ●Iです。
    高垣君、情報提供ありがとうね。
    中越沖地震後の復興イベントの際に、震災時の中小企業の大変さ、その支援の必要性について考えさせられたことを思い出しております。
    常に危機管理をしていなければいけませんね。

    ●皆さんが無事で良かったです。
    レポートを引っ張り出し、少し加筆しました。
    以下、東北方面の中小製造業者にお知り合いがおりましたら共有して下さい。

    関西大震災と中越沖地震の中小製造業の教訓として、レポートされていた内容です。
    思考停止せず、生活を守るため一日も早い通常操業を目指しなさいと。
    災害時に、人は何をすればよいか分からなくなります。
    一人でも多くの方に共有して下さい。
    1、倒れたor傾いた工作機械を起こして、レベル/水平を取る(阪神、中越の場合、有力企業が機械屋を抱えこんでしまい、中小企業に来るのは一ヶ月後という報告もなされています。素早く業者に連絡し手を打たないと、休業が長引き、受注先を失ってしまいかねないとのこと。)
    2、水を確保する
    3、製造業ネットワークを確認する(あらゆる手段をもって納期遅れを防ぐこと。)
    です。
    関係者の生活を守るため、一日も早い操業を目指しなさいと。
    災害の場合、大手企業より中小企業の方が生活の立て直しが困難な傾向があります。
    思考停止せずに、急いで、一つずつ通常操業にむけて体制を整えていく必要があると、お伝え頂ければと思います。
    高垣達郎

    ●ひたちなか市の小泉さんにメールしたけど、返事ないです。
    なにか分かることがあったら、情報ください。今坂

    ●今日は東京出張だそうです
    午前中は携帯で連絡取れたのですが、i-phone にメール連絡をしても繋がりま
    せん。登内

    ●テレビ見てたら、涙が止まらない・・・
    日本の元気俺逹が創るんじゃなかった、今後どう対応しなくては…
    明日から俺逹が出来ることを考えよう!! 今坂

    ●先ほど、京都や大阪の仲間から心配してくれて連絡くれました
    彼らは2人とも関西大震災の被災者です
    いろいろ起こりうる問題はありますが、食料と水、トイレ、そして一番は「心のダメージ」だそうです
    自殺者もでるし、それによる孤児が増えてしまったそうでした。登内

    2011.3.12
    ●登内さん。大丈夫ですか?
    群馬の皆さんへの影響も気になります。
    落ち着いたら、また、情報下さい。
    何も出来ずに申し訳ないですが、皆さんが無事であり、大きな影響もないことをただ
    祈るばかりです。
    須賀

    2011.3.13
    ●「(株)下請の底力」の役員、または関係いただいている皆様へ
    昨日もひたちなか市で名刺交換した方々全員に電話やメール、携帯で連絡を取っていたのですが、どなたもまったく繋がらず心配していましたが、先ほどようやく小泉さんと連絡が繋がりました。
    10時間かけて東京から水戸まで車で帰ったようです。
    ただ、ひたちなかはまだ電気が繋がっていないようです。
    自宅や工場などもかなりやられているみたいです。

    バイヤーズの秋田の本田君に昨晩ようやく連絡が繋がりました。
    地域全体は停電しているのですが、彼の自宅は病院の脇にあり、その地域は電気
    が復活したようです。。
    ただ、周辺の方はお風呂も沸かせないようで、彼の自宅を開放し、近所の方々にお風呂を貸しているそうです。

    宮城県は7年間もコーディネーターをしていたので、県庁はじめ、友人知人がたくさんいます
    ソニーの多賀城の元社長や、気仙沼の若手経営者の会の方々やとも交流があったため、連絡とれずにとても心配です。
    東北和僑会の佐藤理事長に情報貰おうとしていますが、同様になかなか連絡が取れないそうです。

    特に、うちの子供たちのももりんプロジェクトのために、いちごを提供してくれていた登米の農家さんたちは7年前の大地震でハウスを全部つぶしてしまい、借金したり寄付を集めたりしてやっと復興できたところでした。
    よって、彼らの精神状態を想像するだけでもとても心配です。

    ちなみに本田君のおばさんが仙台市長の奥山さんなので、情報が入ったら連絡くれるそうです

    ●今太田市のベイシアにいます。品物などわりとまだありますが、店内は買い溜めと思われる人達でごったがえしてます。ひどいのはガソリンスタンドで休みも多く、凄い列になってます。
    東京の西園寺先生と連絡がとれました。当日は大学の校内を帰宅難民の皆さんに解放し、一夜をすごしたとのこと、明日の調査はいったん延期となりました。太田市の工場の状況です。
    富士重工もひどいらしく、ラインの車がらっかしたり、機械や配管が破壊してしまった。金型の上下が大きくずれた。との情報をいただきました。自分にできることしていこうと思います。

    パソコンが壊れてしまい、連絡がうまくとれませんが、今まで当たり前だったものが、まったくなくなるかもしれませんね!話し合いましょう。ハビロ

    ●みなさん  白河市のM議員から下記のメールがきました!             
    現地が必要としているものを把握して  できることをしていぎしょう!      

    「ハビロさん、心配していただいてありがとうございます。
    白河もいろいろ大変な状況ですが、まだ全体的な被害状況を確認出来ていませんし、余震も1時間に大小約20〜30回続いている状態です。
    海側では、原発から一万人以上が避難していて、食料や毛布などが不足しているようですが、被爆者も出ているので、どうしていいか…
    こんな状態なので、落ち着いたら連絡させていただきます。」

    ●登内
    シタゾコ役員のみなさんにお願いがあります
    私のシタゾコの活動を、東北の地震被害者のための対策活動に集中させてもらいたいと思っております。よろしいでしょうか?
    ただ、JAPANブランドについては、審査が終わるまでは全ういたします。

    (リーマンショック後の)群馬のみんなの心の問題はだいぶ落ち着いてきたようだし、借金はあってもあとは前に進むだけになったから大丈夫ですよね?
    震災被害者の中でも、家族を失ったり、家や会社や工場を失ったりしたことによる、精神的なダメージ。自暴自棄、自殺・・・そのことによって、子供たちをはじめ周りに与える影響を想像すると、何もしないわけにはいかないと思っています。

    16日、予定通りJAPANプロジェクトの委員会があるなら、その終了後に私の今後の立場やシタゾコの今後についても話したいと思っております
    よって、お手数ですが最後に私に付き合っていただければと思います。

    尚、みんなは各自の工場や仕事、そして地元に家族があるから、シタゾコの今後の支援活動に誘うつもりはありませんので安心してください。
    こんなボランティアばかりやってたらみんなの会社は潰れてしまうからね。
    そして、みんなの親や家族、社員に憎まれてしまいますので(笑
    以上
    ----


    このあと、復興支援団体「チームともだち」を立ち上げた。

    当時はとにかくテレビから目が離せなかった。
    仕事は手につかない。
    一日中、報道番組を見ていた。

    同時に昔の名刺を引っ張り出してきて、お世話になった東北の方々に片っ端から連絡を取ろうとしたが、とにかく繋らない。

    現地に行きたいのだがガソリンもなく、行っても救援の迷惑になってしまうと思うと躊躇していた。
    羽廣くんが真っ先にひたちなかまで物資を届けてくれた。
    ハイブリッドカーだったことと、フォークリフト用のガソリンが彼の工場にあったのだ。

    阪神淡路や中越地震を経験していた方々に連絡を取り、今後どのようなことが起こるのか聴きまくっていた。
    想像をはるかに超えていることが被災地では起こっている。
    デマもたくさん流れた。

    結局「仕事をなくした人たちの『仕事づくり』をしていくしかない!」と決めた。

    ただ、自分の会社を立て直すのとは訳が違う。
    あまりにも規模が大きすぎる
    だから、とにかく仕事づくりをしてくれる人をたくさん増やさねばならないと思った。
    そして一斉一代の大風呂敷を広げる覚悟を決めた。

    「とにかく日本国内に5万人の仕事をつくる!」

    そして、とにかく毎日のように人に会いまくった。
    中には「詐欺師」と罵倒する人もいた。

    私はチームともだちの中で5万人の仕事を作ろうとは最初から考えていなかった。
    どこで誰がやってもいい。
    大手企業が本気で動いてくれるのが一番いい。
    「そのムードを作ること」が最大のミッションだと思っていた。
    しかし、そこを勘違いされてしまった。

    「余計な話を持ってくるな」という目で見る人もいた。
    今思えば、みんな大変だったから仕方ないところもあったと思う。

    しかし、協力してくれると行ってくれた人もたくさんいた。
    涙が出るくらい嬉しかった。

    いずれにせよ、今でも仕事は全然足りない。
    もともと日本全体で足りなかった訳だから、被災地だけの話ではない。

    だから、零細企業から本気で雇用をつくろう!
    もちろんうちもつくる。
    1社で一人が厳しければ、数社集まって一人でもいい。
    零細企業の底力を今こそ見せるんだ。

    雇用を作るということは、売上と利益をあげること。
    だから、売れるものやサービスをどんどん作ろう。
    国内マーケットだけで足りないから、海外にもどんどん出よう!
    2012年は日本企業の底力を見せる時だ!


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << July 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 東北グランマのクリスマスツリーin上野
      たま
    • 東北グランマのクリスマスツリーin上野
      たま
    • 東北グランマのクリスマスツリーin上野
      たま
    • 東北グランマのクリスマスツリーin上野
      たま
    • 東北グランマのクリスマスツリーin上野
      ひろまま
    • 東北グランマのクリスマスツリーin上野
      たま
    • グランマクリスマスオーナメント 記者発表
      進藤敦子
    • グランマクリスマスオーナメント 記者発表
      新妻 朋子
    • 佐渡島 アースセレブレーション2011
      齋藤厚
    • 被災地と被災地以外のこどもたちによる、コラボこども新聞が遂に完成しました
      美幌音楽人 加藤雅夫

    links

    profile

    書いた記事数:62 最後に更新した日:2013/03/30

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    チームともだち

    更木桑さらっと茶